過酷な海外生活で初めてコンプレックスが消えた!

下っ腹が出ています。これは小学校の頃からで、普通は便秘がちな人とかが、腸内に便がたまって出ない事で、お腹が出てきたりしますが、私は全くそういう事がありません。逆に下痢症なので、基本的にはお腹の中は空っぽの場合が多いのです。それなのに、なんだか昔から下っ腹が出ているのです。結構な年齢まで悩んでいました。運動も適度にしているのに、下っ腹のお肉だけが落ちないのです。プールに通って泳ぎまくったりしましたが、やっぱり体は締まって来るのに、どうしても下っ腹がへっこみません。どうしたものか、悩みながら下っ腹を凹ますストレッチとかもやってみましたが、ダメでした。私より三つ年上の姉には全く下っ腹がありません。同じDNAにも関わらずどうしてこうなんだろうと、落ち込むばかりです。

 

こんな風に悩みを抱えていたある日、ワーキングホリデーに行くこととなりました。そして、海外での生活は貧乏を極め、毎日通勤通学には、お金が無いので楽も出来ず自転車か歩きという体力勝負の生活でした。あまりにも、一日中歩き過ぎて足を悪くしたことすらありました。道も場所も良くわからないまま、その町に飛び込んで行って歩き回って、格安ホテルを探した日もありました。仕事先を探して、飛び込みで歩き回った事もありました。足は筋肉質になって、ほとんどいらない脂肪が消えていました。まるで男性のように筋張って、引き締まるを通り越していました。

 

そしてふと気が付いたのです。下っ腹が無い!!下っ腹と呼ばれる脂肪らしきものすら、綺麗に消えていました。海外で、好きな日本食すら食べられず、毎日軽い食事だった上に、日本にいた時よりも、数倍もしくは数百倍、毎日歩きまくっていたおかげで、下半身全体が引き締まったのです。正直ビックリしました。ものすごくうれしかったのですが、日本に帰ってから、日本食のおいしさに一気に5kgも太ってしまいました。おかげであっという間に元通りでした。

今は帰国して高松市のネイルサロンで働いています。また海外に進出したいな~とは思っています。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です