髭が伸びやすく日々の手入れが面倒なことについて

私は40代の男性です。体の中で最も脱毛したい箇所は髭となります。私は30代前半の頃に一度、髭の脱毛を試みたことがあります。

ところが通い出したお店が数回施術を受けただけの頃に倒産してしまい、それなりのお金が戻らずに悔しい思いをしたことがありました。それ以来脱毛は試みていません。歳を重ねるに従って、部位によっては体毛が濃くなりがちだと思いますが、髭については若い頃に比べて確実に濃くなってしまいました。

髭には口の上の部分、顎周りの部分、頬の部分とありますが、全体的に剃るには結構な手間が掛かります。また、私は肌が弱めなせいか、剃刀負けを起こしてよく出血をするのです。特に冬場は出血の上に元々皮膚が荒れ気味なので剃刀を用いることでのダメージが大きいです。こうした点から、髭については出来れば永久脱毛をしたいと考えています。しかし、当時通った店への出費が高かったため、もう一度高いお金を出す気にはなれずに二の足を踏んでいるのが実情です。

以前に通ったお店の施術は不完全ではありましたが、頬の部分だけは顕著に薄くなる効果が出ました。それまでは、剃刀を用いた後もやや青光りするようなことがあったのですが、根本的に生えてきづらくなりました。しかし、口の上や顎周りは一時的に薄くなっただけで、今では当時と全く変わらない濃さです。私は同年代の男性との比較でも髭の濃さは普通かそれ以下だとは思いますが、少なくとも2日に1回は剃る必要があります。1回あたりの所要時間を5分としても、年間で5×180=900分=15時間もの時間を髭のために割いていることになります。

時間はお金と変わらない価値があるので、根本の解決をもう一度真剣に考えたいと思います。もしも顔脱毛することが出来て髭を剃る必要が無くなれば、皮膚が荒れることも防げますし、メリットは大きいと思います。無精ひげを生やした状態は社会的には不潔感やだらしない印象を与えがちなものなので、脱毛をしたい箇所としては筆頭格であり、髭以外に脱毛を強くしたいと思う箇所はありません。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です